ウソ?ホント?下見時の現地チェックで防げるもの【2018-04-24更新】|埼玉 不動産投資|株式会社エストハウジング

不動産投資コラム

ウソ?ホント?下見時の現地チェックで防げるもの

2018-04-24

やはり魅力的な高利回り物件。
それが「サクラ」によるものだったら??


入居者のいる物件の場合、現在支払われている賃料が利回りを計算するベースになります。
でも、それが故意に高く設定されたものだったり、そもそも入居していない契約だとしたら…

実際に利回りを高く見せるために、そうした詐欺まがいの手を使われたケースもあります。

相場より高めの賃料で満室と聞いていたアパート。
購入したものの、直後からある部屋で家賃滞納が発生。
おかしいと思い、初めて現地に行ってみたところ、その部屋には入居者がいないことに気付く。
契約書は揃っているのに、そもそもその部屋には住んでいないのです。
調べたところ、お小遣い程度の金銭をもらって名義を貸したらしいことが判明。


こういったケースについては、購入前に現地に行っていれば入居者の有無は分かったはず。
競合が多いから早く申込み、購入を決めなければ買えないと思う気持ちは誰にでもあります。
しかし、そういった気持ちを利用しようとする悪意のある人がいるのも事実


そういった詐欺まがいのケースに引っかからない為にも、気になる部分があれば調べ、ご自身の目で確認することも大切です。
私達も全力でサポートいたします


テーマ名購入
ページ作成日2018-04-24