こらから不動産投資を始めようとしている方へ「不動産投資の3大柱」とその特徴【2018-11-01更新】 | 埼玉の不動産投資・収益物件・建物管理|株式会社エストハウジング

不動産投資コラム

こらから不動産投資を始めようとしている方へ「不動産投資の3大柱」とその特徴

2018-11-01

これから不動産投資を始めようとしている方へ「不動産投資の3大柱」とその特徴








不動産投資とは、「土地や建物などの不動産を投資対象として利益を得る行為」のこと。
不動産投資と一言で言っても、その種類は様々です。
これから不動産投資家としての一歩を踏み出そうとしている方にとっては、まず不動産投資の種類と特徴を理解することから始めてみましょう。
そのうえで、より自分にあった不動産投資を見つけることが成功へのカギとなります

今回は不動産投資の3大柱、『一棟投資』『区分投資』『戸建投資』について見ていきたいと思います。



【一棟投資】


不動産投資における一棟投資とは、マンション、アパート、商業ビル、雑居ビルなど、入居者やテナントが複数入っている建物一棟に対して投資することを言います

一棟投資のメリットとしては、投資効率が良いことが挙げられます。
一棟投資は一度の投資で大きな資産を形成できるため、投資効率が非常に良くなります
また、部屋数が多いため空室リスクを最小限に抑えることができ、結果として収益性が安定します
また、一棟すべてが自分の所有物となるので、建物自体の修繕や建替えなど費用を支出する際には、すべて自分だけの独断で行うことが可能です。

一棟投資では、多額の投資資金が必要です。
最初のうちは金融機関の融資が受けにくかったり、リスク分散ができないため、地震や火災など予測不可能な事態が発生した際には、甚大なダメージを被ることとなります
木造建築であるアパートの場合は、マンションに比べて傷みやすく災害にも弱いため、管理会社の選定や保険の選定などがとても重要になります。


【区分投資】


建物一棟を一部屋ごとに小分けして販売しているものを「区分マンション」「分譲マンション」と言い、これらの物件に投資することを区分投資と言います

区分投資の最大の魅力は、少額から投資が可能なこと
都市部のエリアだとしても、1000万円程度の少額の投資資金からスタートできます。
さらに、複数の地域に分けて分散投資ができるため、万が一の際のリスクヘッジにもなります
また流動性があり。売却したいときに売却しやすいという特徴もあります。

区分投資は1つあたり1部屋のため、空室になってしまった場合は無収入となり、投資利回りを大幅に悪化させてしまいます
また、一棟投資と同じ規模まで増やすには多くの時間がかかるため、投資効率としては悪くなる傾向にあります


【戸建投資(中古)】


戸建投資とは、いわゆる一軒家を購入して「貸家」として賃貸に出す方法です

通常一戸建ては投資目的ではなく、マイホームとして建築するものです。
そのため戸建投資で中心となるのは、「中古物件」ということになります。
戸建の中古物件は、そもそも投資を目的とした価格設定になっていないため、上手に経営すれば高利回りを実現することが可能です

投資戸建のデメリットは、リフォーム費用が高いこと。
中古の戸建は、貸家として利用するためにはある程度のリフォーム費用がかかります。また、購入する地域をしっかり見極めないと、空室機関が長くなってしまうため注意が必要です



不動産投資では、他人に不動産を貸してインカムゲインを手に入れたり、売ってキャピタルゲインを手に入れたりすることが基本です。
不動産投資にはまとまったお金が必要になります。
もちろんリスクも少なからずあります。
ですが、投資する不動産の種類や投資方法を慎重に選べば、初心者でも始めることは可能です

上記に挙げた「一棟投資」「区分投資」「戸建投資」の他にも、「サービス付き高齢住宅」「シェアハウス」「民泊」「コインパーキングや駐輪場」「トランクルーム」など、不動産投資には様々な分野があります。
それぞれの特徴をしっかり理解し、自分に合った投資対象を選定することがとても大切です。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エストハウジングでは投資用不動産の購入から入居募集・管理までトータルでサポートいたします!

投資用不動産の購入・売却はこちらから
管理の詳しい内容はこちらから
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■​​​​​​​■■■■​​​​​​​■■■■​​​​​​​■■■■​​​​​​​■■■■■

​​​​​​​
 
テーマ名
ページ作成日2018-11-01