あなたは純粋投資家タイプ?それとも経営者・職人タイプ?【2018-04-21更新】|埼玉 不動産投資|株式会社エストハウジング

不動産投資コラム

あなたは純粋投資家タイプ?それとも経営者・職人タイプ?

2018-04-21

先日、おもしろい記事をみかけました

不動産投資家を見ていると、おおまかに2つのタイプに分けられるとのこと。



①純粋投資家タイプ
②経営者・職人タイプ


①の純粋投資家タイプとは、投資として見合うかどうかを最も大事にして、不動産投資を行う方
それも、現況有姿の物件の状態で、投資として見合うかどうかを重視します。
物件をリフォームしてバリューアップしたり、大規模修繕をしたりすることにはあまり興味がありません。
また、投資家として資本効率を重視するので、融資が使える物件を好みます。
新築一棟などを手掛ける方も多いです。

②の経営者・職人タイプの方は、収益性はもちろんチェックしますが、自分の腕でどれだけバリューアップできるかということも、同じくらい重視します
大規模修繕やリフォームに抵抗がなく、知識も豊富な方が多いです。
小規模な工事なら自分で資材を買ってきて施工してしまうぐらいの方もいます。

こうした方の投資対象は、ほぼ一棟物件(戸建含む)。
築年の古い物件やいわゆる「ボロ物件」への投資を専門にする方もいます。


不動産投資をする方が大きく2タイプに分かれるとして、それぞれどんな投資が向いているのでしょう?
もちろん例外はありますが、下記のような分類になると思われます。





投資で成功するには続けることが大事であり、続けるためにはご自分に合ったやり方を選ぶことも大切です。
今後の投資スタイルのご参考になればと思います(^o^)


テーマ名その他
ページ作成日2018-04-21