不動産投資ローン借り換えで収益アップ【2018-06-22更新】 | 埼玉の不動産投資・収益物件・建物管理|株式会社エストハウジング

不動産投資コラム

不動産投資ローン借り換えで収益アップ

2018-06-22

不動産投資ローンの借り換えで収益アップ







大手不動産投資サイトのアンケートによると、不動産投資をしている人の6割以上は金融機関から融資を受けて不動産を購入しており、その約半数は不動産投資ローンの借り換えを視野に入れているといいます。
たとえ不動産物件が優良物件で入居者に恵まれているとしても、不動産投資事業として収益アップを図るための知恵を絞る必要があります。
その方法のひとつが「不動産投資ローンの借り換え」なのです。



金利を見直すと返済額が減る

不動産投資ローンの借り換えをすることで効果があるものに、金利の見直しがあります。
金利を見直すことで借り入れ元本に対する支払利息が減るので、当然ながら毎月の返済額が減ることになります。
返済額が減ってくれば手元の資金が増えます
その増えた資金を不動産投資事業に充てることができるのです。

不動産経営にはメンテナンスはつきもの。
物件は年数が経過すれば経年劣化が進んでいきます。
これからも安定した家賃収入を得られるように、そしてその不動産価値を維持できるように、修繕などのメンテナンスを定期的にする必要があるのです。
このようなメンテナンス費用のために資金を準備しておくことは、とても大切です。

リノベーションなどの大規模な修繕をしたいときも、資金があれば金融機関からそのための資金を調達する必要もなくなります。
新たにローンを借りるとなると、ローンは2つに増えてしまい、キャッシュフローが悪化してしまうことも考えられます。
年数が経過したマンションをリノベーションすれば、たとえ中古であっても室内は新築同様に生まれ変わり、客付のための好材料になってくれることでしょう。


長期の返済期間を見直すと期間短縮する

現在のローン返済が30年など長期の場合は、返済期間を短縮する見直し方法があります。
期間短縮することで、返済総額を抑えることが可能になるのです。
返済期間が長いと、返済開始の当初は返済額のうちのほとんどが支払利息で占められています。
そうなるとなかなか借入した元金そのものが減ってくれません。
そこで、低金利のローンへ借り換えをすることと並行して返済期間の短縮にもチャレンジしてみましょう。

この借り換えの効果は、元金が減るスピードのアップだけではありません。
今後、社会経済の状況が変化していくことを見据えて、インフレや金利上昇へのリスクヘッジにもなるのです。
返済期間を短縮すれば元本の返済スピードがアップしますので、それに伴って月々の支払利息が減り、利息の支払総額も減ってくれます
ただし、毎月の返済額が増えてしまうケースもありますので、その影響で借り換え前よりもキャッシュフローが悪化することがないよう、しっかり検証しましょう


ローンの借り換えの際に気を付けたいこと

◆借り換えには費用がかかる

借り換えには諸費用がかかります
借り換え前のローンの繰り上げ返済のための手数料や担保抹消手続きのための費用、そして新しいローンのために設定する費用などです。
決して少ない額ではないので、諸費用についてもしっかり加味したうえで検討しましょう

◆実行金利が高くなる

借り換えを検討している金融機関が初めて取引をするという場合には、こちらが希望する金利や他の金融機関の金利よりも高くなる可能性があります
新規の顧客と初めて取引をする金融機関にとっては、その顧客が約束通り返済してくれるのか心配になり、損をしないように金利を高めにして利息を早く回収したいと考えるからです。
そうなってしまっては、借り換えのメリットは減ってしまいます。



不動産投資は「投資」という名のついた立派な「事業」です。
収益アップのためにはどのような方法があるのか、何が得策なのか、オーナーとしては常に考えていたいものです。
入居者に困ることがない状態であっても、大切な不動産資産の価値の維持や収益アップのために、努力をすることが大切なのではないでしょうか。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
エストハウジングでは投資用不動産の購入から入居募集・管理までトータルでサポートいたします!

投資用不動産の購入・売却はこちらから
管理の詳しい内容はこちらから
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■​​​​​​​■■■■​​​​​​​■■■■​​​​​​​■■■■■

​​​​​​​
 
テーマ名
ページ作成日2018-06-22